今話題のNFTアート作品とは?

 

2021年3月に海外のオークションサイトで1つのデジタルアート作品が「約75億円」で落札されました。
つい最近では、Twitterの創業者の最初の投稿が3億円で落札されたり、日本の小学生のデジタルアートが数十万円で売られ、芸能界でも香取慎吾さんがアートチャリティープロジェクトを成功させるなど、2021年に入って「NFT」という言葉が飛び交うようになりました。

 

今回は、誕生してから日の浅い「NFTアート作品」について紹介します。

 

 

NFTアート作品とは、NFTを掛け合わせた作品のこと

普通のデジタルデータと呼ばれるものは、実際にある本や写真とは違い、誰でも簡単に「複製」「コピー」できるものです。

 

でも、「偽造」も簡単にできてしまうという観点から通常のデジタルデータには価値はないとされていました。
対してNFTはセキュリティに優れた「ブロックチェーン」の上にデジタルデータをアップロードすることで、「偽装」「改ざん」を防ぐことができます。

 

そこでNFTとデジタルアートをかけあわしてアート作品に価値をつけることができるようになりました。

 

トップへ戻る